公務員薬剤師とはどんなもの?

公務員薬剤師とはどんなもの?

薬剤師の活躍の場は年々広がりを見せていますが、中でも人気が高いのが
公務員としての働き方です。公務員薬剤師というと、今一つピンとこないと
いう方も多いかもしれませんが、実は様々な分野で公務員薬剤師は活躍して
います。

例えば、一番身近なものとしては公立・国立病院内に勤務する薬剤師が
挙げられます。公立・国立病院に採用された薬剤師は、看護師などと同様に
地方公務員扱いとなります。

そのため、一般的な民間病院の薬剤師と同様な業務を行いながらも、
給与や待遇は公務員扱いとなっているのです。公立・国立病院に勤務する
薬剤師は、初任給では民間病院勤務の方に一歩引く形となりますが、
長い目で見ると、給与面でも待遇面でもメリットは非常に大きいものと
なっています。

また、他の公務員としての働き方には、薬局や企業の薬剤保管庫などに
立ち入り調査を行う指導員、環境や食品衛生監視業務を行う調査員なども
あります。

これらの職種の場合は、行政機関や保健所が主な勤務先となります。
加えて、少々毛色の変わったものとしては、麻薬取締官としての採用など
もあるようです。

最近は、薬剤師は売り手市場と言われ、他の職種・業種と比較すると
非常に求人数が多く、選り好みさえしなければ、即採用されるという
状況にあります。

しかしながら、定年まで安定して働き続ける事の出来る職場・会社の
求人というものは少なく、これが薬剤師の高い転職・離職率の原因と
なっているという意見もあります。

そんな中にあって、公務員待遇の薬剤師求人案件は非常に貴重で、
薬剤師が転職を行う際には、是非押さえておきたい求人情報の一つだと
言えるでしょう。

公務員待遇の薬剤師求人は、初任給こそパッとしない場合が多いですが、
年収は年々確実にアップしていきますし、福利厚生・公休の取りやすさ、
安定性などを考えると、大変メリットの大きなものとなっています。

転職後、出来る限り一カ所で安定して長期間働き続けたいという方は、
是非、公務員薬剤師求人をチェックしてみる事をおすすめします。

↑ PAGE TOP