薬剤師の転職、採用面接のポイント

薬剤師の転職、採用面接のポイント

就職や転職で最も大切なのが面接だと言われています。 実際に仕事の上で最も大切とされるのは、その人の持つ知識や技術よりも、その人の人柄の良さや人間性である場合が多くあります。 薬剤師も同じことです。 現実的に、職場の人間関係は仕事をする上で、大きな影響を与えています。 また、誠実で信頼できる人柄であることは、採用を決める上でも大切な要素となってきます。 その“人となり”が最も見られる場が面接なのです。

では、合否に強く影響を与える面接で失敗しないために、どんな準備をすればよいのでしょうか。 まず、薬剤師として、次の仕事で必ず質問されると思われることについての解答は、しっかりと用意しておきましょう。

必ず聞かれる質問のひとつが「志望する理由」です。 この質問に答えるためには、その会社や病院の特徴をつかんでおくことが大切です。 この会社や病院の魅力、なぜここに就職しようと思ったのか、なぜここを選んだのか、相手が「なるほど」と思うような応え方ができれば最高です。

転職の場合に必ず聞かれるのは「転職する理由」です。 たとえ前職場への不満があったとしても、それをストレートに言うべきではありません。 どのような理由にしても、できるだけ前向きな言い方に変えて伝える方がよいでしょう。 「○○が嫌だったから」ではなく、「△△をしたいから」と前向きな表現に言い換えましょう。

また、「経歴」や「自己PR」も聞かれること多い項目です。 まずは薬剤師として自分がしてきた仕事や、上げた成果、得意なこと、自信のあることをしっかりと伝えましょう。 堂々と伝えると信頼感が増します。

しかし、良い点ばかりをたくさん並べてしまいますと、反対に誇大広告の様に聞こえてしまうことがありますので注意が必要です。 むしろ、自分を冷静に見つめて、欠点も加えると真実味が増すでしょう。 その時に気をつけたいのは、自分の欠点の伝え方です。 「○○が苦手です」というのではなく、「○○が苦手でしたが、△△を経験したことで克服しました。」というように、プラスの面を加えて話すと良いでしょう。 客観性も感じられ、冷静な判断を求められる薬剤師の面接にはプラスになりそうです。

それが、相手の求める薬剤師の人物像に重なるようなアピールポイントとなれば、よりよいと思います。 しかし、無理矢理こじつけて作る必要はありません。 真実が伝わるように、しっかりと考えて話しましょう。

面接では、必ずされそうな質問だけではなく、意外なことを質問される場合もあります。 その時の反応や応答には、応募者の理解力や人間性、本音、表現力が現れます。 面接官はそれらから、仕事の適正や合否を判断しています。 特に、薬剤師には冷静さを求める場合が多くあると思いますので、まずはあわてず、よく聞いて、よく考えてから話すように心がければ大丈夫です。

面接会場で面接官の前に行けば、誰でも緊張するものです。 あらかじめ、最も伝えたいことを短くまとめておき、面接の中でその点だけは伝えられるようにしておくと良いでしょう。

面接では当然話だけではなく、身なりや服装、立ち振る舞いなども見られています。 特に、薬剤師には清潔感は大切です。 身なりや服装は、事前に準備を怠らないようにしましょう。

また、当日の遅刻はタブーです。時間には十分にゆとりを持ちましょう。 それでも、性格的に面接が苦手という人もいます。 薬剤師転職サイトでは、面接に対するサポートも丁寧なところもありますので、探してみると良いでしょう。

↑ PAGE TOP