薬剤師の転職準備、自己アピールを考えよう!

薬剤師の転職準備、自己アピールを考えよう!

薬剤師で、転職を考えているあなた、準備は進んでいますか? 転職の最も重要な準備は次の就職先ですから、就職先探しは準備万端。 でも、探すだけで大丈夫?

と言うわけで、転職のための準備について考えます。 就職先は、探すだけでは十分ではありません。 良い就職先を見つけた後、そこに採用されるためには十分な準備を整えて採用試験に臨む方が有利です。 では、どんな準備が必要なのでしょうか。

まず、最も大切なのが自分をアピールすることです。 履歴書を書くにも、面接を受けるにも、全てにおいて通じることですので、まず、はじめにまとめてみます。

自己アピールするためには自分の良い点と経歴をまとめてみましょう。 薬剤師として今まで経験を積んできた仕事の経歴を詳しく書き出します。 経験した部署、経験、その中で力がついたと思われること、自信のあることなどを思い出し、書き出してみましょう。 転職を考える時にはネガティブな気分になっている場合もありますが、客観的な事実を洗い出すことで新たな発見があったり、自信を取り戻せたりする場合もあります。

次に採用する側の望む人物像を推測することです。 もちろん聞くわけにはいきませんので、あくまでも推測ですが、どんな人物を採用したいと思っているのかがわかれば、それに沿ったアピールができますので、採用されやすくなるはずです。

たとえば、ただ薬剤師の欠員を埋めたいだけなのか、チーム医療の一端を担えるコミュニケーション能力の高い薬剤師を求めているのか、それによってアピールすることも変わってきます。 応募要項をしっかりと読み込むだけで、それはだいたいつかめるはずです。

しかし、スキルアップを目指してよりレベルの高い転職をするならば、これだけでは足りません。 応募要項だけでなく、応募したい会社の情報を広く集めることが大切です。 たとえば会社のホームページ、会社四季報、新聞、関連企業からの情報など、様々な方法で情報を集め、会社の特色、将来の方向性、業界の動向など様々な面について詳しく知っておく方が有利です。 自己アピールとは、いわば、自分の武器を洗い出してどんな戦いができるかを分析し、相手の求めるニーズを的確に把握する。 そして、その上で、ニーズにあった薬剤師としての自分を演出するということなのです。

自己アピールとは、当然ですが、ただの自慢や自己主張するものではありません。 いかに自分が相手にとって有用な人物であるかを伝えられることが大切です。 自己分析と相手のニーズ、この二つをしっかり把握した上で履歴書を書いたり、面接を受けたりすることで、より採用されやすくなるはずです。

この中で、最も難しいのは会社の情報を広く集めることでしょう。それを手伝ってくれるのが、薬剤師転職サイトの運営スタッフや求職アドバイザーです。より良い転職のために、求人サイトを上手に利用してはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP