薬剤師資格を得るために

薬剤師資格を得るために

薬剤師の資格は国家資格です。 ですから、資格の中では最も力がありますし、一生持ち続けることができる資格です。 つまり、薬剤師の資格を得るためには国家試験を受けなくてはいけないのです。 試験を受けるためには条件があり、大学で薬学を修めたものにしか試験資格は与えられません。 ですから、最低限、大学の薬学部で学ぶ必要があります。

薬学部の平均偏差値は60~70と、かなりの高レベルです。 薬剤師資格を取得するのが難しいことがわかるでしょう。 さらに、2005年度までは薬学部は4年制だった薬学部は、2006年度からは4年制と6年制の2つのコースに分かれ、薬剤師試験の受験資格は6年制を卒業した者、あるいは卒業見込みの者にしか与えられなくなりました。

つまり、現在、薬剤師になるためには、医者と同じように6年制の大学を卒業しなければいけないのです。 ちなみに4年制の薬学部に入学しても薬剤師の受験資格は与えられませんので、卒業後は製薬会社に勤める、大学院へ進学するなどの進路を選択することになります。 不景気の現在、6年の学費を捻出することは親にとっては大きな負担です。

その後薬剤師の国家試験を受けることになりますが、その合格率は70%といわれますので、取得が難しい資格であることがわかります。 しかし、薬剤師は人気資格です。 それは、医薬分業が進んだ2000年ころから薬剤師不足が続き求人数が増大した結果、「薬剤師は高給で安定した職業」という認識が広まったためです。 薬学部が学生の人気学部になっただけであれば良いのですが、それに伴って増えてきたのが大学の薬学部の数です。 学生を集めようと人気がある薬学部を新設したためか、55校もの薬学部が近年新設されてきたそうです。

ですが、少子化の時代ですので、増設した分だけそれに実力が見合う学生が多く集まるわけではありません。 徐々に薬学部の学力低下が進んでいるとの指摘もあります。 また、6年制に移行したこともあり、今では増えすぎた薬学部の定員割れが出てきているそうです。

中でも私立大学の薬学部では3割近くが定員割れしていると言われます。 ですから、大学別の国家試験合格率にはかなりのばらつきが見られます。 薬剤師を目指したい学生は、卒業生の国家試験の合格率も調べるべきでしょう。

また、薬学部の増設により、薬学を修めた学生の数が増え、それに伴い薬剤師資格を持つ者の数も増大してきています。 将来的には薬剤師が余る時代が来るという人もいます。 今後、6年制で学んだ薬剤師資格を持つ新卒者がどんどん増えていくことで、薬剤師の世界にも変化が訪れてくるかもしれません。 薬剤師資格を生かした転職を考えているならば、大きな変化が起こる前の今がそのチャンスかもしれません。

↑ PAGE TOP