薬剤師転職 > 薬剤師の転職準備、履歴書を準備しよう

薬剤師の転職準備、履歴書を準備しよう

薬剤師の転職にも準備が必要です。準備は大きく二つに分けられます。ひとつは新しい職場へ行くための準備、もうひとつは今の職場を去るための準備です。

同時に起こることですので、どちらが先ということはありませんし、どちらの方が大切と言うこともありませんが、転職先が決まらなければ今の職場に居続けるという場合もあるはずです。引き抜かれた場合など、既に転職先が決まっている場合もありますが、まずは転職先を決めることから始まるでしょう。

はじめに、新しい職場へ行くための準備についてまとめてみます。まず準備するべき物は履歴書です。履歴書には、持っている資格、学歴や職歴、志望する動機などが書かれます。

取得した資格を書く欄には、薬剤師だけでなく、ケアマネージャー等の医療に関わる資格があれば書く様にします。薬剤師の仕事に全く関係ない資格は書かなくても良いでしょう。ただ、英検やTOEICなどの英語に関わる資格は書いた方がよいでしょう。今は、薬剤師にも英語能力を求める職場が多くあります。資格の取得した年も記載しましょう。

転職する場合により重要視されるのが職歴です。今まで薬剤師として勤めてきた業務や成果を上げた仕事、得意な分野や自信のあることなどを詳しく書くとよいでしょう。

履歴書は本人を表す物としてみられますので、丁寧に扱うことが大切です。書く時には、丁寧な字で、筆記用具は万年筆が基本です。間違えたら新しく書き直します。修正テープや修正ペンは使いません。

普段は白衣を着ている薬剤師でも、写真はスーツ姿で撮影します。スピード写真でない方がマナーに沿っています。第一印象を決める写真ですので、よりよい自分を写してもらいましょう。そして、写真の裏には氏名と住所を書きましょう。

捺印も大切です。就職の意志を表すためにも、かすれの無いようしっかりと朱肉をつけて、まっすぐに捺印しましょう。

志望動機で差をつける!

志望動機は最も個性が表れるところですので、PRするチャンスです。応募する会社の特徴と求めている人物像をつかみ、そこに合わせて自分の志望動機を書くことができれば最高です。ゆっくり時間をかけて考えましょう。自己PRを書く欄がある場合には、新しい仕事に対する意欲や、新しい職場で、薬剤師としてやりたいと思っていることを書くとよいでしょう。

志望動機や自己PRの欄では、字の丁寧さだけではなく、正しく文章が書かれているかも見られます。人物が現れる箇所ですので、言葉を吟味し、文章を推敲して清書しましょう。

きちんとした履歴書を作成するのには、時間も手間もかかるものです。急いでいてはよいものはできません。薬剤師の仕事は毎日忙しいものですが、できるだけ早いうちに余裕を持って作成しましょう。

いろいろと手間のかかる履歴書づくりですが、薬剤師の求人サイトでは薬剤師のための履歴書作りについてもアドバイスとサポートをしてくれます。その意味でも、求人サイトを利用してみましょう。

保健師のためのお役立ちサイト

ブランクがあるものの再就職を考えている保健師の方のための情報サイトです。
保健師の転職を検討中の方

薬剤師の転職は悪い事なのでしょうか?

「転職は、できることならしない方がいい。」 そうお考えではないでしょうか?

確かに一般的に、転職を繰り返すことはあまり良いことではありません。これは薬剤師に限ったことではないでしょうが、度重なる転職によって、次第に条件も悪くなり・・・、と、転職のせいで事態が悪くなってしまうことも少なくはないはずです。

例えば何度も転職を繰り返している薬剤師が面接に現れたなら、面接官はどのような印象を持つでしょうか?たとえ採用をしたとしても、またすぐに辞めてしまうのではないか?と疑ってしまう事は容易に想像できるはずです。

何度も転職を繰り返す事で、あなた自身の履歴書は信用のないものに汚れてしまいます。この事実のせいで、あなたは転職に踏み出すことができないのではないでしょうか?

しかし、はたして本当に転職イコール悪なのでしょうか?意外に思われるかもしれませんが、現在薬剤師として活躍している皆さんのうち、およそ1割の方々は1年以内に転職をするとも言われています。

この1割の薬剤師の中には、もちろん転職によって事態の悪化を招いた方もいらっしゃるでしょう。 しかしその反面、この度の転職で人生が開けた方も大勢いらっしゃるのです。

転職によって、事態が悪化してしまう方と、反対に人生が開けてくる方、この二つには、どのような違いがあるのでしょうか。

答えは簡単な事です。当然ですが、転職活動には幾つかのポイントが存在しています。転職活動を成功へと導くには、それらポイントとなることをきちんと押さえる必要があるのです。

「転職をしよう!」と意気込んで、ただ闇雲に求人案内を眺めるだけでは、成功するはずの転職も失敗に終わってしまいます。

もしもあなたが、転職を意識し始めているのであれば、まずはそのポイントをしっかりと押さえる事からスタートさせてください。転職は、決して悪い事ではありません。あなた自身の人生が開ける、そんな転職活動を初めてください。
滋賀病院 | 地域医療機能推進機構

薬剤師転職の成功・失敗の分かれ目

ご自身の周辺に、転職を経験した方はいらっやいますか?また、過去にあなた自身が転職を経験した、というケースもあるかもしれません。転職を経験すれば、その後に「今回の転職は、成功だったor失敗だった・・・。」

などといった感想を抱くようになるかと思います。もしもこれから転職をお考えなのであれば、その失敗はどこにあったのかを把握しておくといいでしょう。

薬剤師の転職の成功・失敗は、一体どこが分かれ目になるでしょうか?

まずは失敗した転職活動を思い描いてみてください。そもそも本人が転職活動をしている時、その職場の求人を見た段階では、その内容に魅力を感じていたはずです。そうでなければ、応募も面接もしないはずでですよね。

つまり、入職後に「こんなはずじゃなかった」というミスマッチが起こってしまっているのです。 転職活動の失敗は、このような入職後のミスマッチを避ける事で回避できるはずです。

また、成功した転職活動はどうでしょうか?そもそも無意味な転職は、自身のキャリアに傷を付ける行為でしかありません。つまり成功した転職活動とは、そんなデメリットも覆すほどのメリットがあった場合なのです。

大きなメリットは何なのか・・・、それは一概に紹介はできません。恵まれた環境、条件、給料もそうでしょう。また、転職によってキャリアアップがかなったケースでも、「この度の転職は成功だった」と感じるはずですね。

このキャリアアップを意識した転職は、転職活動をより実りのあるものにしてくれるはずです。妥協をせず、あなた自身が納得できる転職活動をするためには、キャリアを伸ばすことを念頭に置いて進めてみてください。

キャリアアップは、その後の選択肢をおおきく広げてくれるはずです。より良い労働環境、よりよい条件、給与、やりがい、その全てを叶えるためには、あなた自身の価値をアップさせることが一番手っ取り早い方法であるはずなのです。

つまり、転職活動で大切なのは、あなた自身が何を求めて転職をするのかを明確にし、キャリアアップに活かすこと、そしてミスマッチを避けるための情報収集を徹底することが大きなポイントとなるはずなのです。